香川県高松市牟礼町で
マウスピース型矯正装置(インビザライン)・矯正治療なら

〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3-1
ことでん「大町駅」前
JR高徳線「八栗口駅」より徒歩10分

診療時間
9:00〜13:00 × ×
15:00〜18:45 × ×

△:15:00〜18:00/休診日:木曜・日曜・祝日
祝日がある週の木曜日は、午前中のみ診療しております。
学会参加のため、休診日以外も
休診の場合があります。
お電話でご確認ください。

当院のマウスピース型矯正装置「インビザライン」治療について

※自費診療です

矯正治療を身近な治療にするための料金設定

矯正治療は健康保険が使えない自費診療(※)です。保険診療に比べてどうしても治療費が高額になりがちであるため、「歯並びを直したいけれど、費用がかかるから我慢するしかない」という方が、少なからずいらっしゃると思います。

歯並びの改善は、見た目をきれいにするだけではなく、噛み合わせが整うことで食事をしっかり噛み砕けるようになり、消化が促進されるなど体の機能にも良い影響を与えます。

そこで当院では、一人でも多くの患者さまにきれいな歯並びを手に入れていただきたい、メリットの多い矯正治療を提供したいという思いから、マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った大人の矯正治療は44万円〜80万円(税込)、マウスピース型矯正装置(インビザライン)がまだ使えない小児には歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を使用した前歯の部分矯正プランをご提供します。

さらに、金利手数料なしで4分割までの分割払いにも対応しております。

「矯正治療は高いから」と諦めておられた方も、リーズナブルな価格で、しかも分割払いが可能な当院にご相談ください。

※一部の症例・歯科医院では、適応条件に該当すれば保険診療が可能です。詳しくはお住まいの地域の厚生局にお問い合わせください。

治療後の歯並びを分かりやすくお見せします

当院では矯正治療の一環として、マウスピース型矯正装置(インビザライン)(※)を用いた治療を採用しています。

矯正治療の需要が非常に高いアメリカで1998年に誕生したこの装置は、同国のアライン・テクノロジー社が開発・製造・販売を行っています。

透明で目立ちづらいマウスピース型の矯正装置は、装置の銀色の見た目が気になって矯正治療を踏み出せなかったという方でも、安心・納得して選んでいただける装置として広く普及しました。

矯正後の歯並びの変化をシミュレーションで確認
iTeroによるアウトカムシミュレーター

矯正治療は、2年程度の時間をかけて少しずつ歯を動かしていくため、治療が完了した時の歯並びをイメージするのは簡単なことではありません。「お金をかけて矯正治療を受けたのに、満足できる歯並びにならなかったらどうしよう」「歯並びが改善されれば口元のコンプレックスが本当に解消できるのだろうか」といった不安から、治療をためらう方もいらっしゃるでしょう。

そのような方の不安解消のお役に立てるのが、お口の中をスキャンする機器を使ったシミュレーションシステムです。

このシステムにより、どのように歯が動き、矯正終了後にどんな歯並びになるのかを、治療開始前に3Dのシミュレーション画像でご確認いただけます。「出っ張った部分をもう少し引っ込めたい」「この部分の見た目をもっときれいにしたい」「矯正のために歯は抜きたくない」など、患者さまのご要望を伺い、それらを反映させて再シミュレーションすることも可能です。

口頭での説明に加えて画像でご確認できるため、実際の矯正治療についてよく理解していただけると思います。

矯正相談・カウンセリングの際にシミュレーションをお見せできますし、このシミュレーションによって治療期間や費用のご案内も可能。しっかりとご理解・ご納得いただいてから治療をスタートできます。

矯正相談・カウンセリングは、3,300円で実施しておりますので、ぜひご利用ください。

定期的なチェックで、より確かな矯正治療を目指します

院で使用しているお口の中をスキャンする機器は、読み取った歯並びの状態をコンピュータでデータ化できます。そのデータで治療のシミュレーションが可能になるだけでなく、粘土のような材料を使うお口の型取りをすることなく、コンピュータ上で歯並びの状態をしっかり確認することが可能です。

矯正治療の開始後は、この機器を使って約1~3か月ごとに定期的なチェックを行います。治療開始時や前回チェック時のデータと比較して、シミュレーション通りに治療が進んでいるかを確認するのです。予定通りに治療が進んでいない場合は、その時のお口の状態に合わせてマウスピースを再作成します。もし治療計画の修正が必要になっても、再作成をスムーズに行い治療計画と実際の治療経過の差を少なくできるのは、当院の矯正治療の強みでもあります。

なぜなら、粘土のような材料で型取りをする矯正治療では、型取りそのものを気軽に行えません。そのため、最初の検査と型取り後にすべてのステップのマウスピースを一気に作成するのが通常です。しかしこの方法では、もし治療中に問題が発生した際に、マウスピースの再作成に時間を要するケースがあります。そんな場合も、当院ではお口の中をスキャンする機器ですぐに型取りができるのです。

シミュレーション通りに矯正治療を進め、目標とする歯並びにより近づけるためにも、治療中の定期的なチェックをしっかりと行っています。

※マウスピース型矯正装置「インビザライン」(海外カスタムメイド矯正装置完成物)は、日本の薬機法の対象外です。医薬品副作用被害救済制度の対象外になることがあります。

抜歯症例にもマウスピース型矯正装置(インビザライン)で対応可能。マウスピース型矯正装置(インビザライン)が向かない方には様々な矯正装置での治療をご提案

当院では、マウスピース型矯正装置「インビザライン」による矯正治療のほかにも、ブラケット矯正装置やや歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療、お子さまのための小児矯正にも対応しております。

矯正治療の中でもマウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療をまず始めにご案内しています。抜歯症例にもマウスピース型矯正装置(インビザライン)で対応可能。また、マウスピース型矯正装置(インビザライン)が向かない方には、様々な矯正装置での治療をご提案します。

しかし、マウスピース型矯正装置はあくまでひとつの方法です。金属を使用しないため目立ちにくい、取り外し可能といったマウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリットを活かしたいと考えても、患者さまの歯並びとお口の状況、ライフスタイルによって、この方法が適さないケースが存在するのです。

そのような場合、当院ではブラケット型装置を使った矯正治療を行い、ある程度まで歯が移動した段階で、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使った矯正治療に切り替えるなどします。患者さまによっては、この逆の手順で治療をご提案する場合もあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)以外の方法でも目立ちづらい矯正装置を使用した治療は可能なので、患者さまのお口の状況やご希望に応じて、さまざまな矯正法の中からより良い方法をご提案いたします。

矯正治療の最終的な目的は、歯並びを改善することです。私どもは一種類の矯正法や装置だけにこだわるのではなく、患者さまのお口の状況やご希望に応じて、複数の方法を組み合わせた矯正治療にも取り組んでいます。

また、お子さまの歯並びが気になる方も、お気軽にご相談ください。

お口の健康をトータルで考えた矯正治療

当院の矯正治療を担当する歯科医師は、歯科大学附属病院の口腔外科で7年の勤務歴があり、親知らずの抜歯やインプラント手術の研鑽も積んでおります。

口腔外科の専門知識を活かし、歯並びの改善はもちろん、患者さまのお口の中をトータルに考えた治療をご提供しています。

歯の移植

当院では、抜いた歯を別の部分に移植する治療を行うことが可能です。

矯正治療では、歯並びを治すために健康な歯を抜き、並べるためのスペースを作らないといけないケースがあります。そのような場合には、虫歯や歯周病で傷んだ歯を選んで抜くようにしたり、どうしても健康な歯を抜歯しなければいけない時には、すでに歯がない部位への「歯の移植」を検討します。「歯の移植」は親知らずが残っている場合も検討できる治療です。

患者さまの「大切な歯」ですから、無駄にせず大切に取り扱います。

むし歯・歯周病の治療

矯正治療中の虫歯の治療や予防処置も当院にて全て行います。矯正治療前に治しておかなければいけない虫歯は、歯科用顕微鏡(マイクロ・スコープ)を用いて精密に治療しておきましょう。また、当院では、削らない虫歯の治療のカリエス・コントロールにも注力しております。矯正治療中もしっかり、虫歯を管理します。

また、マウスピース型矯正装置「インビザライン」なら治療中の歯磨きも簡単です。当院では、ブラッシングだけではなくデンタルフロスの使い方もきちんと説明します。
当院には歯周ポケットをキレイにする設備が充実。「Guided Biofilm Therapy」という、虫歯予防、歯周病原菌の抑制効果が期待される人工甘味料(エリスリトール)を水と空気と一緒に歯に勢いよく吹き付けます。そうすることでバイ菌膜を細かい隙間まで取り除くだけではなく、歯の着色も落とせるため歯も白くなります。
当院では、患者さまみなさまに対しこの方法で、歯の除菌とクリーニングを行なっています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は
薬機法対象外の治療機器です。

当医療法人社団 小西歯科医院では、マウスピース型矯正装置(インビザライン)をご提供しております。マウスピース矯正(インビザライン)は医薬品医療機器等法(薬機法)において現在未承認ですが、当院ではその効果を認め、患者様に同意をいただいた上で治療をご提供しています。

院内風景
未承認医薬品であること

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は薬機法上対象外の医療機器です。医療機器としての矯正装置に該当しないため薬機法上の承認を得ていません(2021 年9 月時点)ので、ので、医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。マウスピースに使用される材料そのものは薬事承認されておりますので、安全にご使用いただけます。

【承認条件】

  1. 薬事承認されている材料を使用している事
  2. 日本の国家試験に合格した歯科医師、あるいは歯科技工士が製作している装置である事
  3. 既製品の装置の場合、それが薬事承認されている装置である事
国内の承認医薬品等の有無

インビザラインのほかにマウスピース型矯正(アライナー矯正)は、複数のシステムが開発されています。日本国内においても、インビザラインに類似したマウスピース型矯正装置が販売されており、国内で薬事承認されているものもあります。

諸外国における安全性などに係る情報

1998 年にFDA(米国食品医薬品局)から医療機器として承認され、販売許可を受けています。これまで1,000 万人以上の患者さんに使用されております。マウスピース型矯正装置「インビザライン」以外で歯科矯正を行った場合に潜在的に存在する副作用と同様の副作用をマウスピース型矯正装置「インビザライン」も有しますが、マウスピース型矯正装置「インビザライン」の治療において固有の重大な副作用の報告はありません。

入手経路等

マウスピース型矯正システム「インビザライン®」は、米国アライン・テクノロジー社の製品です。当院はインビザラインを用いた治療システムを、アライン・テクノロジー社のグループ会社である「アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社」を通じて利用・入手しています。

以下のページもご覧ください

当院で提供している矯正治療の特徴やメリットについて、わかりやすく説明いたします。

当院で扱っている矯正治療の種類・料金についてご案内します。それぞれの特徴やメリットもご説明いたします。

初診時の受付から治療が終わるまで、当院の基本的な矯正治療の流れをご案内します。

矯正治療について患者さまからお問い合わせの多い質問にお答えします。疑問や不安をお持ちの方はぜひご覧ください。

院内の様子や設備などを紹介するページです。待合室や診療室などを写真でご覧いただけます。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

087-845-3535

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00〜13:00
午後:15:00〜18:45
△:15:00〜18:00
※祝日がある週の木曜日は、午前中のみ診療しております。
休診日:木曜・日曜・祝日
学会参加のため、休診日以外も休診の場合があります。お電話でご確認ください。

087-845-3535

761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼3-1

・ことでん「大町駅」前
・JR高徳線「八栗口駅」より徒歩10分