高松市牟礼町でマウスピース型矯正装置「インビザライン」なら

〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3-1
ことでん「大町駅」前
JR高徳線「八栗口駅」より徒歩10分

診療時間
9:00〜13:00 × ×
15:00〜18:45 × ×

△:15:00〜18:00/休診日:木曜・日曜・祝日
祝日がある週の木曜日は、午前中のみ診療しております。
学会参加のため、休診日以外も
休診の場合があります。
お電話でご確認ください。

ご予約・お問合せはこちらへ

087-845-3535

マウスピースによる矯正治療のよくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

矯正治療に痛みはありますか?

矯正治療で痛みが生じる原因は、装置によって歯に力を加えて歯根(歯の根っこ)が顎の中を移動するためです。そのため、装置による歯の力のかけ具合や患者様の歯並びの状態、骨の状態などの応じて痛みに個人差が出ます。

当院では、矯正治療中の患者様への痛みの負担をなるべく少なくするよう、マウスピース型矯正装置を使用しております。

【マウスピース型矯正装置での治療中の痛み】

痛みが全くないということはなく多少の痛みを伴う場合があります。

痛みの感じ方には個人差がありますが、ある程度歯が歯が動いていくと痛みは和らぎますので、最初の数日間(約2~3日)は痛みを感じます。最初のアライナーを使用したときが一番痛みがあると患者様からご相談をいただくことが多いです。

痛みがあることによる一番の影響はワイヤー矯正では食事ですが、マウスピース型矯正装置では食事中は装置を外すので痛みを感じにくい状態で食事をすることができます。

【ワイヤー矯正の場合】

ワイヤー矯正は、マウスピース型矯正装置よりも痛みが長期間になることが多くあります。

ワイヤー矯正は、ワイヤーの締め具合や太さを変えることで歯を動かしていきますが、前よりもきつく締めたり、太いワイヤーに変えたときは、1週間ほど痛みが常に続き、患者様によっては固いものが食べづらくうどんやおそば、おかゆなど軟らかい食事が多くなってしまうこともございます。

矯正が完了するまでどれくらいの期間が必要ですか?

その方の歯並び、噛み合わせの状態によって異なりますが、平均すると2〜3年が目安です。精密検査を実施し歯の動かし方を想定するとともに、そこへ過去の治療経験を合わせることで、どのくらいの治療期間が必要かある程度は予測可能になります。

歯並びの改善はどうしても時間が必要な治療です。患者さまのご負担を少しでも軽減するために、当院はマウスピース型矯正装置による治療をお勧めしております。

矯正治療は何歳まで可能ですか?

歯が残っていらっしゃる方なら、年齢に関わらず矯正治療が可能です。

良い入れ歯、噛みやすい入れ歯、長期間壊れにくいブリッジやインプラントを実現するためには、良い歯並び・噛み合わせが必要です。また、虫歯や歯周病の重症化の原因として、悪い歯並び、問題のある噛み合わせが挙げられます。

例えば、歯磨きや手術などの治療で改善しない歯周病でも、噛み合わせを整えることで、症状が改善することがあるのです。また、長い間、歯科医院でメンテナンスを受けている患者さまを診ていても、噛み合わせに問題があると最終的に歯が残らないことがあります。

こうした事例から考えると、必要なら何歳でも歯並び・噛み合わせを改善したほうが良いのではないでしょうか。

スポーツをやっていますが、矯正治療は可能ですか?矯正していることが人にわからないようにしたいし、発音が悪くならないか心配です。

マウスピース型矯正装置なら、スポーツをする際にトラブルになることは少ないでしょう。見た目や発音の問題も、クリアにできる可能性が高いと考えます。ただし、顎間(がくかん)ゴムなど、一部外側から見えることがあるかもしれません。その時は、相談の上で治療を進めましょう。

矯正治療中に食事制限はありますか?

マウスピース型矯正装置なら、食事の際は取り外すことができるので、食事制限はなく、通常通りの食事が楽しめます。ただし、飲食のたびに矯正装置を外しますので、その回数をできるだけ減らした方が効果的な治療を行えます。仕事や勉強をしながらのおやつや飲み物、お酒を伴う食事など、頻繁・長時間の飲食は避けなければなりません。マウスピースを外している時間が長くなると、治療計画通りに歯が動かないからです。

矯正治療を考えていますが、歯を抜きたくありません。

そのお気持ちは、とてもよくわかります。歯科医師としても、問題のない歯を抜くのはできる限り避けたいと考えており、抜歯は歯科医師にとっても気持ちの良いことではありません。

しかし、歯並びを改善して、噛み合わせの機能を改善するためには、抜歯が必要となるケースが多々あることも事実です。抜歯した場合のメリット、抜歯しなかった場合のデメリットをよく考えて、決める必要があるのではないでしょうか。

当院では、どうしても抜歯が必要な場合は、問題のない歯ではなく、神経を取ってしまった歯や大がかりな治療をされた歯を選ぶように心がけています。また、抜歯するしかなかった歯を、既に歯がない部分に移植することを検討し、大切な歯を無駄にしないように考えています。

子どもの歯並びが気になります。いつ頃から矯正治療を始めればいいですか?

気になることがあれば、早い段階で一度ご相談ください。

矯正治療は装置を使って歯を動かすだけでなく、あごの発育やその過程を診ていくことも大切です。一度診させていただき、すぐに治療を開始しない場合でも、定期的なチェックをお勧めいたします。

差し歯があります。矯正治療で動かせますか?

当院では、動かせるケースが大半です。残っている歯の根の大きさや、破折の有無をCTやマイクロスコープで確認した上で、歯の移動を検討します。万一、移動できない場合には、インプラントや移植などの治療計画をご提案します。

矯正治療は何歳から始められますか?

開始する年齢に明確な区切りはございません。

■お子様の歯列矯正(小児矯正)の場合

小児矯正は、一期矯正と言われ多くの患者様は7~9歳頃に開始されます。その一方で、お父様、お母様からはお子様が5歳くらいになった時期に歯並びが気になるというご相談を頂きます。

それでも治療開始が7~9歳頃になるのは、
・ちょうど上と下の前歯が乳歯から永久歯に生えかわる時期であるため大人の歯に生え変わった後の歯並びの状態がある程度予測できる
・お子様が小学生になるため矯正装置を使って歯並びを治すという治療への自覚を自分自身で持てる
といった理由からであると一般的に言われております。

また、顎の骨格に問題があることが原因で起こる受け口(下顎前突)や交叉咬合は早い時期に開始した方が良いこともあります。他にも5歳くらいから開始する小児矯正は、0期矯正と呼ばれ、筋機能装置と呼ばれるマウスピース型の矯正装置を使用して治療を行う場合もございます。

■大人の歯列矯正の場合

大人の矯正治療は、成人矯正と呼ばれ乳歯が全て永久歯(大人の歯)に生え変わり、顎の骨格などの成長が止まってから始めます。

歯並びの状態に応じて治療期間は変わってきますが、永久歯に生え変わった後であればどの年齢から始めても大きく治療内容は変わりません。

歯並びがきになったら、すぐにかかりつけの歯科医院の先生にご相談いただくか、矯正治療をを行っている歯科医院にご相談いただくことをおすすめします。

どこで矯正治療をすればいいのでしょうか?

矯正治療をどこの歯科医院で受ければいいのか選ぶにあたっては、

「経験」「実績」「何かあったときにすぐにいける」「希望する装置ができるか」

の4つが重要になります。

「経験」は、矯正治療を担当してくれる歯科医師の先生がどれだけの患者さんの歯並びを治してきたかです。ご自身の大切な歯を任せるなら経験豊富な先生にお願いすることが大切です。

「実績」は、その歯科医師の先生が『日本矯正歯科学会の認定医』かどうかです。矯正認定医は簡単になれるものではなく、何百、何千時間も矯正治療の勉強をし、多くの患者様の歯並びを治してきた歯科医師だけが持っているものです。知識なども豊富なので患者様の歯並びの状態に合わせた治療方法を提案することができます。

矯正治療中は、こんな風になって大丈夫か不安、急にトラブルが起こったといった「何かあったときにすぐにいける」というのは非常に大切です。矯正治療を提供している歯医者さんでも、院長先生が治療を行っているわけではなく、月に1回矯正専門の先生が来ている歯科医院があります。そのような場合は、何かあっても次回矯正の先生がくるまで待ってくださいということになってしまいます。

「希望する装置ができる」というのは、様々な矯正装置が世の中に出回り選択肢の幅が広がった今だからこそ考えるべきです。とくに流行の「マウスピース型矯正」は、治療する先生によって「この歯並びならマウスピース型矯正ができます」「この歯並びはマウスピース型矯正ではできません」というように判断が異なることがあります。しかし、先生の技術によってはマウスピース型矯正で全ての歯並びを治すことができます。せっかく高額のお金を支払うならば希望通りの装置が使える歯科医院を選べるのが理想的です。

矯正が完了するまでどれくらいの期間が必要ですか?

一般的には、装着する矯正装置の種類、治療の範囲、歯・歯並びの状態、年齢等により大きく変わりますが、当院では、成人矯正ではマウスピース型矯正装置を使用しているため、平均すると2〜3年の治療期間となります。

また、前歯だけの矯正治療などの部分矯正では、1年間程度が目安(部分矯正が適応できる歯並びは一部のみ)です。

患者様の口腔内・歯並びの状態を歯科医師が確認して歯の動かし方を想定するとともに、そこへ過去の治療経験を合わせることで、どのくらいの治療期間が必要かある程度は予測可能になります。

さらに詳細な治療期間は、精密検査を実施してiTeroという光学スキャナーなどを使用して歯型を採ることで分かります。

【マウスピース型矯正装置の治療期間】

多くの患者様は平均2~3年でマウスピース型矯正装置を使用は終了します。矯正治療を順調に進めるためには、患者様のご協力が欠かせません。

★治療期間が長引かないためにすること★

マウスピースを1日20時間以上装着する

20時間よりも短いと想定よりも歯が動くスピードが遅くなり、治療期間が延びてしまうことがあります。アライナーを付けているのに、装置と歯の間に隙間が生まれている状態になったら要注意です。

②指定されたの頻度のアライナーを新しいものに交換する

交換頻度は一般的には、1~2週間程度です。アライナーは患者様の歯の移動を想定して作られています。歯が移動したら新しいものを付けていただくことで歯が動いていきますので、同じものを長く使いすぎると歯が動かない、短すぎると形が合わず効果が少なくなるなどの問題が生じて治療期間が長くなります。

③定期的に歯科医院に通う

マウスピース型矯正装置を使用した矯正治療中は、1~3ヶ月に1回の来院が必要になります。
定期的にご来院いただくことで、歯科医師が治療計画通りに進んでいるかなどを歯並びの状態から確認します。
お仕事・学校・友人との予定など歯医者さんへの通院よりも優先したい用事が入ってしまうと、歯科医院に行くのを先延ばしにしたくなってしまいますが、治療計画通りに終わらせるためにも、次回のご来院予約をきちんと取り、キャンセルがないようにしていただきますようお願い致します。また、他の予定を入れにくい忙しい時期(受験・仕事の繁忙期等)は避けて矯正治療を開始することをおすすめします。

【ワイヤー矯正の治療期間】

治療期間はマウスピース型矯正装置と同様、2~3年程度です。

通院は、ワイヤーの調整を細かく行う必要があるため、1ヶ月に1回のご来院いただく必要があります。

ワイヤー矯正は、ブラケット矯正とも呼ばれ、ブラケットと呼ばれるワイヤーを固定する器具が歯から外れてしまったり、ワイヤーがブラケットから外れてしまうとすぐに直すために歯科医院にご来院いただく必要があり、治療期間中は患者様にも負担がかかりやすいデメリットがあります。

【保定期間について】

矯正治療は、全てのマウスピースの使用が終わったら矯正治療が終了というわけではなく、その後に保定期間という治った歯並びが前の悪い歯並びに戻らないようにする期間があります。

保定期間は、リテーナー(保定装置)と呼ばれるものを使用します。矯正治療は、リテーナーを最後までしっかりと使っていただくことが非常に重要です。

どの矯正治療でも保定期間はあります。保定期間は歯並びの状態や患者様によって異なりますので、治療開始前に歯科医師にご確認いただくことをおすすめします。

歯並びの改善はどうしても時間が必要な治療です。当院では、患者さまのご負担を少しでも軽減するための工夫をしており、その1つとしてマウスピース型矯正装置による治療をお勧めしております。

【歯磨きの重要性】

矯正治療期間中に、歯周病やむし歯になってしまうとそちらの治療を先にしなくてはならず、治療期間が延びてしまうことがあります。
矯正治療中は、歯科医院に定期的にご来院いただき歯科衛生士によるメンテナンスを受けたいただくと同時に、歯科衛生士からの歯磨き指導をもとにご自宅での歯磨きもしっかり取り組んでいただくことが必要です。"

 

以下のページもご覧ください

当院で提供している矯正治療の特徴やメリットについて、わかりやすく説明いたします。

当院で扱っている矯正治療の種類・料金についてご案内します。それぞれの特徴やメリットもご説明いたします。

初診時の受付から治療が終わるまで、当院の基本的な矯正治療の流れをご案内します。

矯正治療について患者さまからお問い合わせの多い質問にお答えします。疑問や不安をお持ちの方はぜひご覧ください。

院内の様子や設備などを紹介するページです。待合室や診療室などを写真でご覧いただけます。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

087-845-3535

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00〜13:00
午後:15:00〜18:45
△:15:00〜18:00
※祝日がある週の木曜日は、午前中のみ診療しております。
休診日:木曜・日曜・祝日
学会参加のため、休診日以外も休診の場合があります。お電話でご確認ください。

087-845-3535

761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼3-1

・ことでん「大町駅」前
・JR高徳線「八栗口駅」より徒歩10分